修繕を行なう|雨漏りのトラブル解決|業者選びのマル秘情報局!

雨漏りのトラブル解決|業者選びのマル秘情報局!

修繕を行なう

ワーカー

マンションの大規模修繕工事とは、外壁や屋上防水、鉄部塗装などの工事を集中的に実施する作業のことを言いますが、その周期については、以前は10年周期が基本とされてきました。しかし、最近では、その周期は12年とされるのが一般的になってきています。修繕の周期が延びた最大の要因は技術進歩にあると言え、とりわけ塗料の技術の水準が上がったことで、外壁が長持ちしやすくなったことが大きく影響しています。今後は、さらに技術が進歩することにより、大規模修繕工事の周期は、遠からず15年程度まで延長されるようになるだろうというのが、業界の専らの観測です。また、技術の進歩は塗料にとどまらず、大規模修繕工事の工法についても同様のことが言え、様々な工法が開発されつつあります。

大規模修繕工事の周期が長くなってきている傾向は、その費用を負担することになるマンション管理組合にとっても朗報と言えます。それと言いますのも、マンションの大規模修繕工事は、一般的な中型のマンションの場合、戸当たり70万円程度のお金がかかると言われます。70万円と言うと、仮に戸数50戸のマンションの場合、3,500万円もの費用が一気になくなることになるわけで、管理組合にとっては大きな支出となります。周期が延びることにより、この支出が先送りできるわけですので、管理組合にとってはメリットと言えるでしょう。しかし、だからといって、支出を免れるわけでもありませんので、大規模修繕工事に備えて、管理組合はきちんとした資金計画を立案しなければなりません。